ブログについて

このブログは趣味である「読書の感想」、仕事でもある「IT関係の備忘録」、その他「日々の記憶」をつづったものです。
ブログタイトルの「Open up the future! どんな世の中でも切り拓いて生きていく」を付けた意味合いですが、昨今、会社勤めであったとしても安泰とは言えない状況になってきています。
突然のリストラや業績不振によるボーナスカットや給与削減または転勤などいろいろなことが発生します。
とはいえ、周りの環境をいくら悪く思っても何も変わりません。どんな時でも自分で未来を見据えて進んでいきたい。そんな思いからこのタイトルを付けました。

読書について

最近は読書する方がとても少なくなってきているようです。リサーチバンクによる10代から60代の全国男女に対して行った調査結果によると、46%の方が月に1冊以上本を読んでいるとのことです。逆に言うと、54%の方が本を1冊も読んでいないということになります。さらにこれは2013年の調査結果であり、今はもっと本を読む人は少なくなっているかもしれません。
「読書をする時間がもったいない」という意見もあるでしょう。しかし、読書は先人たちの知恵が結集されています。他の人が調べ、まとめて文章として世に公開していただき、われわれ読者に分け与えてくれています。著者がかけた時間や費用に比べてごくわずかな時間と費用でそれらの知識を得れるのです。
実は私も子供のころは本は全く読みませんでした。小学生の時にあった読書感想文なんてとてもとても嫌いでした。最初の数ページで無理やり感想文を仕上げた記憶もあります。それこそ小学生のうちに読んだ本は片手に収まるレベルだと思います。私の場合はこういった過去の罪滅ぼしの意味もあるかもしれません。あんなに嫌いだったのに今ではすっかり読書に取りつかれています。まだまだ出会えた本はごくわずかです。「もっともっとたくさんの本に出会いたい。」「今後も読書を続けたい。」その意思を忘れないためにこのブログを作成しました。

一人でも多くの方に、1冊でも多くの本を読んでいただければ幸いです。

お詫び
万が一、本ブログの内容で著者やその関係者の方に不快な思いをさせましたら、お詫び申し上げます。
その際は、お問い合わせよりご一報いただければ幸いです。すぐに対応させていただきます。

IT関係について

IT関連は仕事です。仕事やプライベートで調べたことなどを備忘録としてまとめていきます。いろんなことに挑戦、経験をしているつもりですので、多岐にわたる内容になると思います。多くの人に参考にしてもらえればと思います。
情報処理技術者試験については、初級システムアドミニストレータ、基本情報処理技術者試験、情報セキュリティスペシャリストを保持しています。今でも過去問は現代の用語や新しい用語が出題されているためと割と確認しています。過去問についてもさらりと解説していきます。