トレッドミルを長時間続けるコツ

皆さん、ジムでトレーニングしていますか?

ジムにあるランニングマシン、そうトレッドミルです。

トレッドミルで走っていると、外を走るよりも距離や時間を続けることができないことはないでしょうか?

これはランナーあるあるだと思います。

雨降ったりして天候が悪い場合、ジムにいって走ろうと思ってもトレッドミルでは全然長時間できない。

トレッドミルは屋外で走るのとことなり景色が変わらないので、飽きてしまうのです。

長時間トレッドミルを活用する方法を提案しますので、ぜひ活用ください。

音楽を聴く

まずは定番の音楽を聴きながらです。
携帯電話やスマートフォンなどで音楽を聴きながら、トレーニングすることで飽きずに長時間行うことができます。
1曲あたり大体5分として10曲くらい聞き終わるころには大体1時間経過しています。

しかし、一つ欠点があります。これは外で走っても同じですが、イヤホンが汗で壊れやすいです。

イヤホンは防水性の高く無線で接続できるものがおすすめです。アマゾンでも人気の高いこちらのイヤホンをお勧めします。

妄想する

続いてのおすすめは妄想することです。これも外を走っていても自然にいろいろなことを考えてしまいます。これと同じことをトレッドミルでも行うのです。
屋外を走っていると自然に考え事をしますが、トレッドミルではなぜか自然に考え事しません。したがって、強制的に妄想するのです。

妄想し始めると、それなりに時間がたっていますが、過度な期待は禁物です。
妄想後に時間をみてとてつもなくがっかりする副作用がありますので、お気を付けください。

景色を思い浮かべる

これが個人的には一番おすすめな方法です。

普段の通勤、通学、ランニングコースなどを思い浮かべながら走ることです。
景色を思い出しながら走るのです。
例えば、自宅から会社まで自動車や自転車で通勤されている方であれば、自宅をでてから会社に着くまでの景色を想像します。

あそこの角まで走ろう。次のコンビニまで走ろう。小さなお店や民家などできる限り詳細に思い浮かべることで仮想的に屋外を走っていることにするのです。

ほとんどのトレッドミルには距離が表示されていますので、大体の距離を推測しながら景色を思い浮かべていけばあっという間に会社にたどり着けますよ!

友達と会話する

友達やジムに知り合いがいる方などは会話をしながら走りましょう。会話できる速度で走ることにはなってしまいますが、長時間続けることができます。
ただし、会話することで他にトレーニングされている方に不快な思いをさせることもありますし、会話相手が話をしてくれないと会話にはなりませんのでなかなか難しいかもしれません。

でも会話しながら走ることが可能な状況であれば、これが一番長時間続けることができる方法だと思います。
会話するので、速度は出せませんけれど。

数値を追い求める

トレッドミルの画面には様々な数値が表示されています。
走った距離や時間、消費カロリーなどです。

これらの1つをターゲットとして頑張るのです。例えば、走った距離が5キロになるまで頑張ろう。で、5キロになったら、継続時間が40分までは頑張ろう。40分経過したら消費カロリーが500キロカロリーまで頑張ろう。のように次々と切りの良い数値までもう少しになっている項目を探してその数値になるまで頑張るのです。

まとめ

トレッドミルを長時間続けるには、身体の疲れよりも如何に脳をごまかすかにかかっています。
脳が飽きを感じてしまうと私のような初心者には苦痛でしかありません。
この苦痛が嫌で屋外で走ることよりも短時間でやめてしまうのです。

脳をごまかすための準備をしっかりしてトレッドミルに挑戦してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です