新QC7つ道具について

皆さん、こんにちは。中小企業診断士のTAKUです。

今回は、以前のQC7つ道具に続いて、新QC7つ道具についての解説をしていきます。

どういうときに、どういう風に活用するのか把握していきましょう。

QC7つ道具と同じくQC活動する場合に役立ちますよ!
では、説明していきます。

新QC7つ道具とは

新QC7つ道具とは、親和図法、連関図法、系統図法、アローダイヤグラム法、PDPC法、マトリックス図法、マトリックスデータ解析法の7つのことです。

新QC7つ道具は言語データを扱うツール集です。(マトリックスデータ解析法以外)
したがって、活用する場というのは範囲が広く、またどの手法を活用するか悩むことも多いです。
そして、QC7つ道具とは異なり、複雑に絡み合った要因を、あらかじめ予測して因果関係を整理する設計的アプローチです。

そして、新QC7つ道具は言語データをまとめ、問題を解決していく手法です。新QC7つ道具は、言語データを図として、目に見える形とする手法であり、誰が見ても理解でき共通認識を得ることができます。
そのことにより、周囲の協力も得られやすくなるというメリットがあります。

親和図法

親和図法は、多数の錯乱した情報から、言葉の意味合いを整理して問題を特定する手法のことです。
バラバラの情報を統合するイメージです。
別名としてはKJ法とも言います。

親和図法の例

品質管理の知識から引用~

連関図法

解決すべき問題の原因を探る手法のことです。
複雑に絡み合った情報を整理するイメージです。

連関図法の例

品質管理の知識から引用~

系統図法

系統図法は、問題と手段を多段階に展開する手法のことです。
問題点や改善目的を枝分かれで考えるイメージです。

系統図法の例

品質管理の知識から引用~

アローダイヤグラム法

アローダイヤグラム法は、PERTで用いられる表記法のことです。
計画の進度を効率よく管理し、手順をまとめるイメージです。

アローダイヤグラムの例

品質管理の知識から引用~

PDPC法

PDPC法(Process Decision Program Chart)は、過程計画決定図と呼ばれ問題や不測の事態が生じた場合の対応策をあらかじめ検討しておき、それに沿って行動または新しい方法を考えることです。
事態の進展過程を先読みし、望むべく結果へ導く手法です。

PDPC法の例

品質管理の知識から引用~

マトリックス図法

マトリックス図法は、多くの目的や現象と、多くの手段や要因のそれぞれの対応関係を多元的思考により問題点を整理して行列形式で並べ、相互の関連の程度を整理する手法のことです。
問題の着目すべき事象や事柄の要素同士を組み合わせて考えることで問題解決への着眼点を得る方法です。

マトリックス図法の例

品質管理の知識から引用~

マトリックスデータ解析法

マトリックスデータ解析法は、複雑に絡み合った問題の構造を解明するため、問題に関係する特性値間の相関関係を手掛かりに少数個の総合特性を見つけ、個体間の違いを明確にする手法のことです。
大量の数値データを解析し、見通しのよい結論を得る手法です。
このマトリックスデータ解析法は新QC7つ道具の中で唯一数値データを取り扱います。
実際にはQC活動では(扱いが難しく)ほとんど使わないため、サンプル等は割愛します。

QC活動への活用

ここでは、新QC7つ道具が実際のQCストーリーでどう使われるか紹介します。

QCストーリーは以下の7ステップあり、それぞれのステップで新QC7つ道具を使うことでスムーズに活動が進みます。
慣れるまではなかなか難しいですが、上手に活用して納得感のある活動を進めましょう。

・現状把握:親和図法や連関図法(QC7つ道具で数値データを取得)
・目標設定:特になし
・要因解析:連関図法、木江藤図法、マトリックス図法
・対策検討:系統図法、連関図法
・対策実施:アローダイヤグラム、PDPC法
・効果の確認:特になし(現状把握と同じく数値データで把握することがよい)
・歯止め(標準化):特になし


参考図書の紹介です。


図解入門ビジネス 今里健一郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。