製造現場における7つのムダとは?

皆さんこんにちは。中小企業診断士のTAKUです。

今回はトヨタ生産方式から生まれた1つである7つのムダについて説明したいと思います。
ムダとは、誰にとってムダなのかそれは顧客からみたムダです。
つまり、付加価値がないことはムダとなります。

7つのムダとは次のムダになります。
1.作りすぎのムダ
2.手待ちのムダ
3.運搬のムダ
4.加工そのもののムダ
5.在庫のムダ
6.動作のムダ
7.不良をつくるムダ

それぞれ、説明していきます。

作りすぎのムダ

作りすぎのムダとは、過剰な設備・人による必要量及び必要な早さ以上に生産してしまうムダのことです。
このムダは徹底的になくしましょう。
他のムダにつながります。例えば、在庫のムダや動作のムダ。運搬のムダ。不要なものを作ることで他のムダも同時に増えていきます。
まずは必要な数量の生産を確実に行っていきましょう。

手待ちのムダ

手待ちのムダとは、欠品・部品待ちや設備の加工待ちに伴う作業待ちのムダのことです。
手待ちは何もすることがない時間ですので、無駄ですが、これは作業者が調整できてしまう部分でもあります。
つまり、隠れてしまうムダになりがちです。
とはいえ、あまり厳しくしすぎると作業者が機械のようになってしまいますので、他のムダの削減をまずは行うことを推奨します。
他のムダを削減することで、必然的に手待ちのムダも減っていくはずです。

運搬のムダ

運搬のムダとは、顕在的運搬のムダ(目で見えるモノを移動するムダ)や潜在的運搬のムダ(加工中の取り置き。積み込み。積み下ろしなど目で見にくいムダ、必要最小限以外の仮置き・積替え・移し替えなどのムダ)のことです。
物が移動しながら加工されるように変更するなど、なるべく、運搬だけをするような作業を無くしましょう。
また、運搬がしやすい荷姿になっているかどうか、運びやすい荷姿に自動的にできないか、といった運びやすさという着眼点で確認することもよいと思います。

加工そのもののムダ

加工そのもののムダとは、加工品の精度などに寄与しない不必要な加工を行うムダのことです。
例えば、無くしても問題のない検査をしていないか。過剰な梱包をしていないか。などです。

在庫のムダ

在庫のムダとは、材料・仕掛品・完成品の在庫が倉庫費・運搬費・管理費などの在庫管理費用・金利費用や償却損を発生させるムダのことです。
在庫が無駄かどうかの判断は、適正な在庫数量が決まっていないとわからないと思います。
今、そこにある在庫がなぜこの数量が必要なのか、この説明ができない在庫はムダと言ってもよいでしょう。
また、在庫が多いと本来の問題点が隠れてしまうことに繋がります。徹底して無駄な在庫は削減しましょう。
欠品はいけませんが、在庫は少なければ少ないほどよいです。

動作のムダ

動作のムダとは、人の歩行や作業に伴う付加価値を生まない動きのムダのことです。
これも無駄な動作をしていなか、ということですが、他のムダを先に減らすことを優先したほうがよいです。
極論すると、一歩減らすことなど細かいことになりますし、他の優秀な人との比較になります。
例えば、パソコンで何か文章を書くとなったときに、タイピングが得意な人と不得意な人ではキー入力を間違う回数は異なりますよね。
それを例えば、バックスペースキーやデリートキーを押すことが無駄ってなってしまうことに近いです。
間違った文章を入力することは確かに無駄で、減らしたいですが、減らす優先順位は後になりますよね。

不良をつくるムダ

不良をつくるムダとは、不良による材料・部品・手直し工数などのムダのことです。
不良は発生すると、無駄になってしまいます。
また、機械化された生産工程の場合、生産設備が故障して必要な能力が発揮できない状態であった場合に生産を続けてしまうと不良品が生産され続けてしまいます。
生産設備の能力を監視し、基準を超えた場合は設備を停止するような仕組みにすることも重要です。

おすすめ図書の紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。