FXの安心投資方法

皆さんはFXなどで投資されていますか?

FXはお金持ちになるための一つの手段です。どれくらいのお金を必要とするかは人それぞれですが、お金を増やすためにFXをされているんだと思います。

私はFXもやってます。今回、FX投資について実際に私が行っている投資方法を公開します。

あくまでも投資は自己責任です。参考にしたい方はどうぞ。

FX投資について

FXは換金性が高いです。
どういうことかといいますと、不動産(家や土地など)は売りたくてもなかなか売れませんね。そうなんです。現金が必要になったとしてもすぐに現金に換えることがなかなかできません。
一方、株やFXは遅くとも数日以内に現金にすることができます。

また、レバレッジをかけることができ、元本以上の取引をすることができます。(2018年現在、FXにおいては元本の25倍まで)レバレッジがかけれることもあり、FXは数日で元本の何%も増減することが普通にあります。

これにより、大きく利益を伸ばすことができる一方で大きく損する可能性もあります。

しかしながら、FXで売買後に価格を毎日、毎時間気にするような買い方などは投資とは言えません。例えそれがスキャルピングと呼ばれる手法であっても、投資ではなく投機に限りなく近いです。

投資をするのであれば、買った後は価格なんて週に一度か、それよりももっと少ない頻度で確認するくらいのレベルでなければ、おそらく負けます。

ちなみに投資のプロでも年利20%で凄腕と言われます。我々のような素人が年利20%を出すことはほぼできません。単年ならまぐれでできるかもしれませんが、最終的には負けて終わるでしょう。

安心投資方法

われわれ素人はどういう投資方法がよいか、私なりに考えてみました。
前提として我々のような素人(少なくとも私)は将来が全く読めません。読める方なら勝ち続けれますのであっという間に億万長者です。

投資対象の決定方法

まず何に投資をするのか決定します。
その方法は、まず過去のチャートを週足以上の大きな足で確認します。どうですか?
上がりっぱなし、下がりっぱなし、上がったり下がったりしているの株や通貨ペアがありますね。

この中で上がったり下がったりしている株だったり、通過ペアがよいです。
できればスワップがもらえる組み合わせがよいです。毎日スワップポイント分を引かれると精神的に若干きつい。

このように購入する株であったり、通貨ペアを決定します。

利益確定方法

投資先を決定したら、次に過去の30年くらいのチャートから再安値と高値圏を確認します。

なぜ高値は最高値ではないかというと、最高値はほとんどの通貨ペアにおいて、昔の固定相場から変動相場になったときの値となってしまい、全くあてにならないからです。例えばアメリカドルは360円からスタートしています。以降360円を一度も超えたことはありませんが、360円をを当てはめてしまうことになってしまいます。
ここでは、仮に最安値を100円、高値圏を200円、現在値を150円とします。

定期的にレバレッジ3倍以内で購入します。(定期的の周期は各自で決めてください。私は大体月に2回です。)

基本的にはこの定期的に購入することを行うだけです。これでスワップ分をいただくことができます。しかしこれだけでは大して儲けになりませんし、売る行為がないため、インカムゲインだけとなってしまいます。

通常値幅で儲けるキャピタルゲインはインカムゲインの何倍にもなりますので、私はこのキャピタルゲインも欲張って狙います。

過去の最高値が200円ですので、1割引きの180円でそれまでに購入した分の半分を売却します。最高値の200円で残りのすべてを売却します。

注意点としてロスカットだけは気を付けてください。最安値の1割引き90円までは耐えれるようにしておいてください。

これは例えばアメリカドル/円の組み合わせにおいて、長らくは1995年4月につけた79円70銭が最安値でしたが、2011年10月に75円55銭に更新されています。このように80円が過去最安値であったとしてもそこから1割の安値までを想定しておけば、1ドル72円まで耐えれるようになっています。

ちなみにドル円は75円まで円高が進んだ後に120円を超えています。

ドル円であれば、高値圏は少なくとも120円で想定できますので、1割引いた108円で半分は売却でき、120円ですべて売却できているわけです。インカムゲインとキャピタルゲインの両方どりができていますね。

いまからドル円で投資される方は、少なくとも75円の1割引きの67円くらいは想定してくださいね。

このように上がったり下がったりを繰り返している株や通貨ペアであれば、最安値を下回ったとしても将来的に回復することが多いです。もちろん最安値を下回らない方が安心できるんですけど、自分でコントロールできないですからね。

投資先を決定する際の注意点

この投資方法では投資先を決定することが、一番重要になります。逆に投資先を間違えなければ、投資方法は多少各自の裁量を加えても大丈夫だと思います。

この投資先がよいというのはなかなか明示できませんが、ダメな例をいくつかあげたいと思います。
ダメな例としては2018年現在、トルコリラ/円や南アフリカランド/円などの通貨ペアになります。

なぜならば、週足以上のチャートで確認してみてください。基本的に下がりっぱなしです。いつか反転するかもしれませんが、それがいつなのか、またどの程度なのかわかりませんし、もしかしたら反転することがないかもしれません。

スワップが高いのでいつかはスワップで取り返せると考えている方もいるかと思います。
ずっと持っていれば確かにそうかもしれません。でもそのスワップポイントは今の値です。金利が下がったり、対円相場が下がったりしたら、そのスワップポイントはもらえませんよ。そのスワップポイントに期待しますか?

あくまでもスワップポイントはおまけです。スワップポイントをメインで稼ぐというのはナンセンスです。

まとめ

FXで利益を出すには短期間では難しいです。短期間で利益が出ても、利益を出し続けることはほぼ不可能です。
ここでの投資方法は、利益は大きくリスクを小さくして安心して長期間投資を行う方法です。

FXで投資する場合、過去のチャートを確認しましょう。上がったり下がったりしている通貨ペアに投資しましょう。
できれば、スワップポイントはもらえる方にしましょう。

定期的に低レバレッジ(3倍以内)で購入します。

チャートの高値圏で売却します。

これによりインカムゲイン、キャピタルゲインの両どりの完成です。

この方法で安心して投資を行い、豊かな老後が訪れることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です