平成30年度春期 基本情報処理試験 午前問31解説

当サイトでは、IPA主催の基本情報処理試験のうち主に計算問題について解説を行います。計算問題以外については基本的に覚えれば解けますので、頑張って覚えてください。

解説が必要な問題があれば、問い合わせよりご連絡ください。

問31の内容

10Mバイトのデータを100,000ビット/秒の回線を使って転送するとき、転送時間は何秒か。ここで、回線の伝送効率を50%とし、1Mバイト=106バイトとする。

ア 200
イ 400
ウ 800
エ 1,600

IPA情報処理推進機構より転載

答えはクリックすることで表示されますが、わからない場合はこのページを読んで理解してください。

 

この問題は、単位であるビットとバイトの関係をしっていれば、あっという間に正解に近づきます。

ビットとバイト

コンピュータの世界ではビットという単位が最小単位になります。

1ビットで表すことができる数は2種類だけです。0か1かだけです。

バイトとは1ビットを8個並べたものになります。1バイトは8ビットです。

1ビットは2種類ですが、1バイトは256種類になります。

また、問題文にある10Mバイト(Mはメガのことです。)これは10×106バイトという意味になります。

そのほかにも
K(キロ)は103
M(メガ)は106
G(ギガ)は109
T(テラ)は1012
などがあります。

(注意)コンピュータの世界ではK(キロ)は1,024で表されることもあります。
1キロバイト=1,024バイト
1メガバイト=1,024キロバイト など。

回答解説

この問題はまず、回線の実転送量を求めます。回線効率は50%ですので、
100,000ビット/秒 × 0.5 = 50,000ビット/秒 となります。

ここで、ビットからバイトへ単位を変換します。1バイトは8ビットですから、

50,000ビット/秒 ÷ 8 = 6,250バイト/秒 となります。

実転送量6,250バイト/秒の回線を使用して10Mバイトのデータを転送するときの
時間を求めれば正解となります。

問題文に「10Mバイトは106バイトとする。」とありますから、

10 × 106バイト ÷ 6,250バイト/秒 = 1,600/秒 

となります。簡単でしたね!

正解は、「エ 1,600」ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です