FXに練習は必要か?デモトレードについて考える

デモンストレーション

はい、皆さんこんばんは。

本日は、デモトレードを使ったFXの練習について考察したいと思います。

FXのデモトレードでの練習は皆さん必要だと思いますか?
僕は基本的には不要だと思います。

それはなぜか、理由は三つあります。

  • 緊張感が絶対的に足りない
  • 勝っても負けても意味がない
  • その時の相場はその時にしかない

それぞれ説明していきます。

デモトレードでの練習に意味がない理由

緊張感が絶対的に足りない

デモトレードの場合、緊張感が絶対的に足りません。どういうことかというと、車ゲームと実際の車の運転くらい差があります(わかりづらっ)
ゲームで操作する車の運転では壁にぶつかろうが、前の車にぶつかろうが、何をしようとも自分自身が怪我をしたり命を無くすことはありません。でも実際の車の運転の場合は、物にぶつかったり前の車にぶつかったりすることは許されません。慣れてくると実際の車の運転でも緊張感はかなり薄れてきますが、それでもぶつかることは許されない状況でおこなっています。
FXも同じです。資金を無くすことは許されないのです。デモトレードではいくら負けても実際に自分のお金が無くなることはありません。ですので絶対的に緊張感が足りないのです。
ゲームと本番は違うのです。

勝っても負けても意味がない

上の緊張感が足りないに似ていますが、デモトレードでいくら資金を増やそうとも全く意味がありません。またいくら資金を減らそうとも意味がありません。
だって、本場だったら絶対にできない高レバレッジでの取引をデモトレードではできるわけですからね。
資金を増やしても減らしても関係がない取引。それでトレーニングというのであれば、投資の本を読んだ方がよっぽど成果がでそうです。

その時の相場はその時にしかない

FXでのチャートの上下はいろんな人のいろんな思惑によって形成されています。その時と似たようなチャートが出現したとしても、前回と同じ動きをすることはありません。
似たような動きになることはありますが、必ず異なります。
ニュースで株価情報や為替情報が映ることがありますが、それと同じです。同じドル円が100円だとしても上昇基調での100円なのか、下落基調での100円なのか?相場観を持ってみている人はほとんどいません。
ニュースでの為替の情報などほとんどの人は気にしていません。せいぜい、円高か円安だ。くらいです。その日のチャートまで気にする人はほとんどいないでしょう。
もちろん、ちゃんと相場分析などを勉強していればデモトレードでも相場観を身に着けることはできます。でもわざわざデモトレードで相場観を身に着ける必要がありますでしょうか?
ちゃんと分析できる人なら、わざわざデモトレードやらなくても、本場環境で分析できますよ。

デモトレードの必要性

では、デモトレードは全く必要ないかといえば、そうではありません。
トレードの練習をする必要は全くありませんが、トレード環境を確かめる上では必要です。

そうです。あくまでもデモトレードはトレード環境を確かめるために存在しているのです。
トレード環境の使いやすさ、チャートの見やすさ、スマホアプリの使いやすさ、各種情報の見やすさ。

こういった証券会社が用意してくれているトレード環境を確認するためには必要です。

ほら、車を買うときも試乗しますよね。それと同じです。
試乗は車の練習をするのではなく、車の操作感、乗り心地を確認するためですよね。

デモトレードを通じて、自分にあった証券会社を使い、利益を出していきましょう。
ちなみに私は証券会社にこだわりはあまりありません。国内業者であれば、どこも一緒と思っています。
低レバしかしないですからね~。

では、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です