FX 2020年6月1日~6月5日の戦略

チャート予想

皆さん、こんばんは。低レバ投資家TAKUです。

さて、2020年6月1日からの戦略です。

今週は全く取引していません。ポンドが悲しいくらいに下がらない。ポンドだけではないけれど。
来週も取引はしない、できないかもしれません。すべてはポンド次第。
実体経済が良くならないと株価が良くならないと思っていたけれど、今は各国の緩和政策により株価は持ちこたえています。下目線で考えていた方は多いと思いますが、回復しています。
そろそろ上目線に切り替えてくる方も出てくるころです。みんなが上目線に切り替わると下げも急にくると思います。
まぁ結果、よくわからないってことなのでやはり低レバで行きましょう!

では、今週の予想です。

米ドル/円(USD/JPY)

ドル円の4時間足のチャートです。(クリックで拡大します。)

今週もドル円、強かった。5月29日金曜日に107.1円まで下げた場面もありましたが、結果107.8円前後まで上昇して終わりました。
ただし、このあたりが上限に近いです。上に抜ける可能性もありますが、レンジ相場を想定します。
やはり実体経済が良くなって来ないとどうしても下目線で考えてしまいます。
個人的には107円を割ってほしい。

ユーロ/円(EUR/JPY)

ユーロ円の4時間足のチャートです。(クリックで拡大します。)

いやー、ユーロも強い。びっくりです。
先週の予想では119円くらいまでは上がる予想をしていましたが、119.9円まで上昇しています。終値も119.7付近です。
このレンジで上がっていけば今週は120.5円付近までは上昇余地ありそうです。
それ以上上がったら、もう知らん(笑)

豪ドル/円(AUD/JPY)

豪ドル円の4時間足のチャートです。(クリックで拡大します。)

豪ドルも強い。。。
71.9円付近に抵抗があるようにも見えますが、ここを超えてくると73円付近まで上昇余地ありそうです。
いやー、この経済状況でそこまで豪ドルが上がるとは思えないけど、思わないことが起きてしまうのが相場です。
テクニカル的には間違いなく上昇でよさそうです。売りで入るより、落ちたら買い、落ちたら買いで行くほうがよいでしょう。

ポンド/円(GBP/JPY)

ポンド円の4時間足のチャートです。(クリックで拡大します。)

いやー、ポンドもなんだかんだ今週上昇していますね。(泣)
133.5円付近や133.2円付近の抵抗で何とか抑えてくれていますが、来週は突破されてしまいそうです。
そうなると134.5円~135円付近までは上昇余地がありそうです。
とてつもなく下がってほしい気持ちでいっぱいです。120円台まで下がってくれい。


今週もポンドにつかまっています。思いっきり読みを外しました。低レバなんでまだまだ耐えれますが、つらいです。

ポンドが下がる希望としては、EU離脱問題がありますが、全体的に円が売られていますのでなかなか辛そうです。
でも、世の中的に実体経済が絶望にも関わらずここまで上昇しています。ハイレバで取引されていた方で私のように売り目線だったかたはほぼロスカットされていることと思います。
先週、今週の上昇トレンドで買い始めた方も多い気がします。そういう方が出てきたことを信じます。買いが多くなれば下がる。世間の思惑と逆に動くのが相場。
まぁなんでもいいけど、下がってほしい。

来週も今週と同じく65万円を目指します。
目指すといいながら、ポンドの売りポジションを決済しない限り新たなトレードはしませんが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です