工場の基本5Sについて。意味や目的とその効果

皆さんこんにちは。中小企業診断士のTAKUです。

今回は5Sについて、説明したいと思います。

5Sとは、「整理(Seiri)」「整頓(Seiton)」「清掃(Seisou)」「清潔(Seirketsu)」「躾(Sitsuke)」のことです。

この5Sは工場だけに求められるものではなく、他の職場やもっと言えば家庭でも求められるものではないでしょうか。
では、なぜ特に工場では5S活動を求められるのでしょうか。その効果は何があるのでしょうか。

5Sそれぞれの意味について

まずは、5Sのそれぞれの意味について説明します。

整理

整理とは、要るものと要らないものを区別して、要らないものを処分することです。要らないものが自分たちの仕事を邪魔したり、不要なコストを負担させたり、無用な間違いを誘発したりします。職場では要るものだけを取り扱うようにしましょう。

整頓

整頓とは、要るものを使いやすい場所に、使いやすいようにきちんと置くことです。見た目が綺麗に並んでいればいいというものではありません。大切なのは使いやすいことで、どこに何があるのか、どこに戻せばよいのかを誰が見てもわかるようにすることが重要です。

清掃

清掃とは、身の回りのものや職場を、きれいに掃除して、いつでも使えるようにすることです。整理、整頓された状態を維持して常に要るものだけを扱い、使いやすい状態に置かれているようにすることです。

清潔

清潔とは、整理、清掃、清掃を維持し、誰が見てもきれいで、わかりやすい状態に保ち、きれいな状態を保とうという気持ちにさせることです。ビジュアル的に美しいというものではなく、整理、整頓され、整然とした状態をきれいと感じ、そこから外れたときに、違和感を覚えるようにします。この違和感は、正しく管理されていない状態を感じ取る気持ちで、異常を早期に発見して、問題を未然に防ぐために大切な感覚です。

躾とは、職場のルールや規律を守り、習慣づけることです。ルールや規律というと悪いことをさせないための制約的なイメージが強いですが大切なのは、悪いことをさせないことではなく、よいことを習慣化させ、定着させることです。

5Sの進め方

5Sの意味が分かったところで、ではどうやって5S活動を推進したらよいのでしょうか。5Sの推進の仕方、定着方法について説明します。

5Sの推進体制を決める

5Sの推進はトップが旗振り役となるのが基本です。トップの認識が弱いと途端に5S活動は行われなくなります。
トップは5Sの責任者を任命し、責任者を中心に全員参加の推進体制を構築します。

定期的な点検

トップや責任者は月に1回、できれば2回定期的に点検します。点検することで、複数の現場を比較することができます。
1つの現場でよい取り組みを発見し、それを他の職場に展開することも責任者の役割です。
点検のときに、5S活動の弊害となっている要因がないかも確認します。例えば、清掃用具がないなど推進の弊害となっている要因については責任者が除去し、5S活動の推進はなるべくスムーズに進むようにします。

5Sの効果

最後に5Sの効果についてです。5Sについて理解はできたけど、効果あるの?っていう疑問にお答えします。

生産性の向上

生産性が向上します。生産性についての詳細は別記事にて説明しますが、生産性はOUTPUT/INPUTで定義できます。
outputは生産量などで、INPUTは時間であったり、投入した原材料であったりします。
5Sを徹底することで、生産のINPUTが必ず小さくなります。無駄がなくなるからです。
具体的になくせる無駄は、時間が減らせます。
例えば、物を探す時間が減らせます。数秒減るだけでも意外と物を探す回数というのは多いので、トータルでは結構な時間が減ります。
他にも運搬の時間も減らせます。通路に余計なものが置かれていない場合は、物が置かれている通路と比べて安心して台車やリフトなどで運搬できます。
時は金なり。優秀な工場では時間を少しでも減らす努力をしています。それが結果として返ってきますので。

安全性の向上

安全性が向上します。当然ですね。
きれいな職場は汚い職場より事故が起きづらいですよね。また無駄なものがない職場ですので、空間が広く感じます。
整理整頓された売り場っておしゃれですよね。広い空間に贅沢に陳列されている商品。
広い空間があるから、事故が起きづらいのです。

品質の向上

品質が向上します。品質についても詳細は別記事にて説明します。
5Sが徹底されている職場では、普段と異なる状況というのが分かりやすくなります。
また、作業者への躾が徹底されているため、正常時と異常時の比較が分かりやすいのです。
具体例としては、作業の手順書通りの作業をする作業者しかいない工場で、異常が起きた場合、作業手順書が誤っていることや分かりづらいことが想定できます。
なので、作業手順書を修正すれば、同じ異常は起きないということになります。
しかし、躾がしっかりされていない職場。すなわち作業手順書が形だけとなっていて、手順書どおり作業されていない職場では、異常があった場合に
作業者のヒアリングから始めなければなりません。そもそも作業者が複数いた場合に、手順が異なるのですから、品質が安定するわけないですよね。

社外からの印象が上がる

工場は社内の人間しか見ない。そんなことはありません。社外の人、例えば、取引先や業界関係者、意外なところでは競合会社やマスコミなども工場内に来ることがあります。
5Sが徹底されたきれいな職場というのは、訪れた人を感動させます。
過去に建材会社を訪れたことがありますが、木材の削り粕が全く落ちていない職場がありました。
他の建材会社では「どうしても木くずがでるので、、、」と言い訳していましたが、やはりしっかり5Sをやっている工場はあるのです。
是非、5Sで感動を与える工場になりましょう。それだけで受注が増えるかもしれません。

良好な組織風土の醸成と人間形成が作られる

5S活動をしっかり行っている工場の従業員は決められたことを守ります。そういう風土に自然となります。
また、ゴミが落ちていると自然と拾うようになります。素晴らしいことですよね。
他にも5S活動を通じて、様々な提案が出てきます。こうしたほうが良い。ああしたほうがよい。
そういった意見や提案が共有されることで、他の人がどういう考え方をしているか把握できるようになります。


5Sはどこの職場でも言われているほど基本的なことです。
その基本的なことですが、しっかりやっている会社、工場は意外と少ないです。
5Sに業績は関係ないと思われがちですが、優秀な工場はもれなく5Sの意識は高いです。
たかが5S。されど5S。5Sで他の工場との差別化を図りましょう。そして、営業のできる工場へ。

5Sについてのおすすめ書籍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です